馬券術のヒント

「馬券術のヒント」の有益情報をお届け!

競馬データによる必勝法

競馬データ 人気 投資競馬 オッズ

最近記事

抽出馬と相性の良い馬券術
1年半の封印が解かれ、強力な特典を携えてスケールアップして帰ってきた!
競馬投資家養成講座
あなたが的中率33%、平均配当150円のデータをお持ちなら即この馬券術を活用できます。
持っていなくても読めば探し出すことができるでしょう。
しかも、実際に月額約5000円の会員制サービスに2ヶ月分無料で参加する特典が付いているので、
ある意味ではリスクなく購入できます。

最強の転がし馬券術
競馬投資家養成講座
http://summit.xsrv.jp/mine/k_toushika.php


7つのステップで資金を通常より最大限にする投資法
投資競馬運用バイブル
http://summit.xsrv.jp/mine/toushi_bible.php


競馬予想の概念を変える競馬指数で
競馬ド素人が使った初月に月42万のプラス収支
 『今なら1日最大18レース分』
    毎週無料で見れます。

http://summit.xsrv.jp/mine/yosou/umakorabo.php

2012年06月07日

前走大差勝ちした馬の次走成績 年齢別

前走大差勝ちした馬の次走成績 年齢別

こんにちは てつです。

「前走大差勝ちした馬の次走成績」の最終回です。
今回は「年齢別」です。


”大差で勝った馬”の定義から。
”大差で勝った馬”というのは、2着馬より0.6秒以上離して勝った馬とします。

検証期間は、07年から11年までの5年間
障害戦を除く。

大差勝ちした馬の昇級戦での成績です。


【表5 年齢別】
データ数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
年齢 大差勝馬 1687 17.8% 30.3% 38.9% 67 75
全体 14432 9.5% 17.9% 26.1% 76 78
2歳・夏 大差勝馬 70 15.7% 27.1% 34.3% 68 56
全体 421 10.7% 20.4% 30.2% 54 70
2歳・秋 大差勝馬 174 18.4% 29.9% 37.9% 59 79
全体 1258 9.9% 19.6% 27.7% 86 80
3歳・冬 大差勝馬 260 17.3% 31.9% 40.8% 68 77
全体 1737 9.6% 17.5% 25.1% 95 76
3歳・春 大差勝馬 248 14.9% 25.4% 33.5% 55 67
全体 1901 7.1% 14.6% 22.5% 59 75
3歳・夏 大差勝馬 254 20.9% 33.1% 42.5% 73 80
全体 1824 11.5% 20.9% 29.0% 74 79
3歳・秋 大差勝馬 196 19.4% 32.1% 41.8% 69 79
全体 1567 10.2% 18.3% 26.2% 71 69
4歳・冬 大差勝馬 107 22.4% 37.4% 48.6% 86 93
全体 1003 10.7% 19.8% 27.8% 76 81
4歳・春 大差勝馬 83 22.9% 32.5% 34.9% 122 69
全体 756 12.6% 22.0% 29.6% 90 86
4歳・夏 大差勝馬 60 21.7% 43.3% 50.0% 70 90
全体 668 11.4% 23.2% 34.9% 76 86
4歳・秋 大差勝馬 85 20.0% 25.9% 37.6% 78 71
全体 895 11.3% 18.7% 28.5% 78 86
5歳・冬 大差勝馬 44 13.6% 31.8% 34.1% 40 69
全体 680 7.9% 16.0% 25.3% 74 84
5歳・春 大差勝馬 43 2.3% 14.0% 20.9% 5 41
全体 528 6.6% 14.4% 22.2% 65 82
5歳・夏 大差勝馬 13 7.7% 38.5% 46.2% 33 106
全体 256 2.3% 10.5% 17.2% 45 67
5歳・秋 大差勝馬 14 7.1% 7.1% 14.3% 26 45
全体 288 5.6% 12.8% 18.4% 88 78
6歳・冬 大差勝馬 13 7.7% 15.4% 38.5% 13 70
全体 213 5.2% 9.9% 17.8% 59 68
6歳・春 大差勝馬 8 25.0% 37.5% 50.0% 142 127
全体 154 9.1% 14.3% 21.4% 118 92
6歳・夏 大差勝馬 4 0.0% 25.0% 25.0% 0 77
全体 80 5.0% 12.5% 15.0% 44 57
6歳・秋 大差勝馬 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 60
全体 67 3.0% 10.4% 19.4% 49 101
7歳以上 大差勝馬 5 0.0% 0.0% 20.0% 0 34
全体 136 2.9% 5.9% 11.8% 86 51
2歳 大差勝馬 244 17.6% 29.1% 36.9% 62 72
全体 1679 10.1% 19.8% 28.4% 78 77
3歳 大差勝馬 958 18.1% 30.6% 39.6% 66 75
全体 7029 9.6% 17.8% 25.7% 75 75
4歳 大差勝馬 335 21.8% 34.3% 42.7% 90 81
全体 3322 11.4% 20.7% 29.8% 80 84
5歳 大差勝馬 114 7.9% 22.8% 28.1% 24 59
全体 1752 6.3% 14.2% 22.0% 69 80
6歳 大差勝馬 31 9.7% 19.4% 35.5% 42 84
全体 514 6.0% 11.7% 18.7% 73 78
2〜3歳 大差勝馬 1202 18.0% 30.3% 39.0% 65 75
全体 8708 9.7% 18.2% 26.2% 75 75
2〜3歳春 大差勝馬 752 16.6% 28.9% 37.1% 62 72
全体 5317 8.9% 17.2% 25.2% 77 76
4歳〜 大差勝馬 485 17.5% 30.3% 38.6% 70 76
全体 5724 9.2% 17.5% 26.0% 76 82
5歳〜 大差勝馬 150 8.0% 21.3% 29.3% 27 64
全体 2402 6.1% 13.2% 20.7% 71 78


一番上の大差勝ち馬、全体(グレーの部分)の値より大きい値を赤字にしてます。

赤字に注目すると
3歳の夏から4歳の夏にかけていい成績です。

馬は3歳の夏から急に成長をするのでしょうね。

人間で言えば成長期にあたるんでしょう。

それで3歳の夏から「上がり馬」となった馬が最後の一冠を取るという図式が生まれるのでしょうね。

―――――――――――――――――――――――――――――――

前走大差勝ちした馬の次走成績の関連記事は、こちらからご覧いただけます。



―――――――――――――――――――――――――――――――


ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」あるいは「ブックマーク」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼
   



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2012年05月31日

前走大差勝ちした馬の次走成績 月別

前走大差勝ちした馬の次走成績 月別

こんにちは てつです。

3週間ぶりの【前走大差勝ちした馬の次走の成績】特集です。
パソコンがクラッシュした関係でのびのびになっていました。

今回は、月別の成績です。

”大差で勝った馬”の定義から。
”大差で勝った馬”というのは、2着馬より0.6秒以上離して勝った馬とします。

検証期間は、07年から11年までの5年間
障害戦を除く。

大差勝ちした馬の昇級戦での成績です。


【表4 月別】
データ数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
大差勝馬 1687 17.8% 30.3% 38.9% 67 75
全体 14432 9.5% 17.9% 26.1% 76 78
1月 大差勝馬 147 16.3% 31.3% 38.1% 59 69
全体 1281 9.9% 17.2% 25.7% 82 76
2月 大差勝馬 131 17.6% 32.8% 44.3% 70 83
全体 1181 9.4% 18.4% 26.6% 90 84
3月 大差勝馬 149 19.5% 33.6% 43.0% 74 87
全体 1225 8.5% 16.4% 23.7% 80 75
4月 大差勝馬 138 13.8% 26.1% 32.6% 71 70
全体 1183 8.5% 16.7% 24.1% 81 79
5月 大差勝馬 155 15.5% 24.5% 31.6% 60 56
全体 1329 7.9% 15.1% 22.8% 59 78
6月 大差勝馬 91 17.6% 27.5% 35.2% 65 75
全体 869 8.4% 16.6% 24.9% 68 80
7月 大差勝馬 139 18.0% 33.1% 38.8% 62 69
全体 937 10.5% 19.9% 28.0% 66 72
8月 大差勝馬 129 16.3% 29.5% 41.9% 50 78
全体 1142 10.4% 21.1% 29.9% 76 81
9月 大差勝馬 133 24.1% 38.3% 45.9% 97 88
全体 1190 10.5% 19.7% 29.0% 68 80
10月 大差勝馬 184 15.8% 25.5% 34.8% 56 62
全体 1421 9.9% 17.7% 25.6% 87 72
11月 大差勝馬 157 21.0% 34.4% 43.3% 70 91
全体 1380 10.4% 19.9% 28.3% 75 81
12月 大差勝馬 134 19.4% 27.6% 38.1% 71 79
全体 1294 9.3% 16.9% 25.3% 70 77


一番上の大差勝ち馬、全体(グレーの部分)の値より大きい値を赤字にしてます。

この表を見れば、夏場がいいですね。
「夏場の上がり馬」を狙えという格言がありますが、
これは本当ですね。

急激に力をつけてきて下級戦を勝った馬は、次走の昇級戦をもろともせず好成績を残す、こんな図式が目に見えます。

これから夏場に入るので実践して見る価値はありますね。
特に、大差勝ちした馬は利用価値十分です。

これから夏場に入っていくのでタイムリーなデータになったのではないでしょうか?

次回は年齢別を取り上げたいと思います。


―――――――――――――――――――――――――――――――

前走大差勝ちした馬の次走成績の関連記事は、こちらからご覧いただけます。

―――――――――――――――――――――――――――――――



ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」あるいは「ブックマーク」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼
   



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2012年05月10日

前走大差勝ちした馬の次走成績 人気別

前走大差勝ちした馬の次走成績 人気別

こんにちは てつです。

クラス別に続いて今回は人気別で調べてみました。

”大差で勝った馬”というのは、2着馬より0.6秒以上離して勝った馬とします。

検証期間は、07年から11年までの5年間
障害戦を除く。

大差勝ちした馬の昇級戦での成績です。

【表3 人気別】
データ数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
人気 大差勝馬 1687 17.8% 30.3% 38.9% 67 75
1番人気 大差勝馬 429 40.6% 57.8% 68.1% 85 88
全体 1377 33.6% 51.4% 63.8% 81 86
2番人気 大差勝馬 295 21.0% 38.6% 50.2% 85 86
全体 1416 19.6% 36.2% 48.3% 84 84
3番人気 大差勝馬 218 16.1% 27.5% 38.5% 90 77
全体 1341 12.2% 24.6% 38.6% 74 79
4番人気 大差勝馬 152 8.6% 23.7% 32.2% 65 83
全体 1327 10.6% 21.9% 32.0% 86 80
5番人気 大差勝馬 137 7.3% 16.8% 25.5% 79 78
全体 1335 8.4% 17.0% 27.8% 94 84
6番人気 大差勝馬 114 3.5% 12.3% 20.2% 49 84
全体 1246 4.7% 11.6% 19.9% 67 75
7番人気 大差勝馬 79 2.5% 12.7% 17.7% 44 83
全体 1138 4.3% 10.5% 16.5% 81 77
8番人気 大差勝馬 71 1.4% 2.8% 5.6% 27 30
全体 1136 3.8% 8.6% 14.1% 94 82
9番人気 大差勝馬 50 0.0% 6.0% 8.0% 0 50
全体 962 2.5% 5.9% 11.3% 63 79
10番人気 大差勝馬 48 0.0% 2.1% 4.2% 0 36
全体 851 0.9% 3.3% 7.6% 35 64
11番人気 大差勝馬 32 0.0% 0.0% 3.1% 0 35
全体 728 1.8% 4.1% 7.0% 70 69
12番人気 大差勝馬 32 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
全体 570 1.6% 3.3% 5.8% 85 70
13番人気 大差勝馬 12 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
全体 410 1.0% 2.0% 4.9% 38 73
14番人気 大差勝馬 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
全体 263 1.1% 2.7% 4.6% 66 67
15番人気 大差勝馬 7 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
全体 198 0.5% 2.5% 2.5% 72 54
16番人気 大差勝馬 0 - - - - -
全体 83 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 大差勝馬 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
全体 30 0.0% 3.3% 3.3% 0 97
18番人気 大差勝馬 0 - - - - -
全体 21 0.0% 4.8% 4.8% 0 223
グレーの部分のデータは、大差勝ちした馬のトータルでの成績です。
単回値:単勝回収値
複回値:複勝回収値
人気での成績が、その大差勝ちした馬の成績よりも良かったら赤字にしました。

人気別で見れば、今走も1番人気、2番人気に支持されると良積を残していますね。
回収値を含めて狙えるのは3番人気まででしょうか。
それ以下の人気だといくら前走で大差勝ちしても信頼できません。

次回は、月別の成績を見ていく予定です。
「あの競馬の格言は本当だった!?」

―――――――――――――――――――――――――――――――

前走大差勝ちした馬の次走成績の関連記事は、こちらからご覧いただけます。


―――――――――――――――――――――――――――――――


ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」あるいは「ブックマーク」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼
   



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2012年05月02日

前走大差で勝った馬の次走成績 クラス別

大差勝ちした馬の次走成績 クラス別


こんにちは てつです。

前走大差で勝った馬が次走昇級戦でどういう走りをしたのか、調べてみました。

”大差で勝った馬”というのは、2着馬より0.6秒以上離して勝った馬とします。
0.6秒は約10馬身差3〜4馬身差ですね。

検証期間は、07年から11年までの5年間
障害戦を除く。


【表1】
クラス データ数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
大差勝馬 1687 17.8% 30.3% 38.9% 67 75
全体 14432 9.5% 17.9% 26.1% 76 78

単回値:単勝回収値
複回値:複勝回収値

全体は、大差勝ち馬も含んだ前走勝って昇級戦での成績です。


大差勝ちした馬は、昇級戦でもいい成績ですね。
昇級の壁を苦にしないようです。
ただ回収率は全体がいいです。これは人気薄になった馬が好走した結果ですね。
前走勝った馬は侮る事なかれ。要注意ということです。



【表2 クラス別】
クラス データ数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
大差勝馬 500万下 884 18.2% 29.2% 38.6% 67 75
全体 5607 9.1% 17.5% 25.3% 73 75
大差勝馬 1000万下 420 17.6% 30.0% 39.8% 68 77
全体 4216 9.8% 18.4% 27.1% 78 80
大差勝馬 1600万下 117 25.6% 44.4% 51.3% 76 85
全体 1789 12.0% 21.4% 30.0% 84 84
大差勝馬 OPEN特別 124 17.7% 35.5% 43.5% 61 81
全体 1277 10.4% 20.8% 30.5% 81 83
大差勝馬 G3 104 11.5% 23.1% 26.0% 58 52
全体 999 7.1% 13.3% 19.6% 72 72
大差勝馬 G2 28 3.6% 17.9% 17.9% 18 56
全体 422 4.0% 10.0% 17.3% 42 73
大差勝馬 G1 10 10.0% 20.0% 20.0% 192 80
全体 122 4.1% 6.6% 11.5% 29 42

赤字は【表1】の大差勝ちした馬の成績を上回った数字です。

1000万下クラスから1600万下に昇級したとき、好成績です。狙う価値はありますね。

大差勝ちした馬の全体を眺めてみれば、1600万下クラスだけがいいのでこのクラスが全体を押し上げているのがわかります。

重賞になると前走大差勝ちしてても好成績は残せないようです。
G1での回収値がいいわけですが、これはデータ数が少ないので今のところなんとも言えません。

次は、人気別を見ていきましょう。(つづく)


―――――――――――――――――――――――――――――――

前走大差勝ちした馬の次走成績の関連記事は、こちらからご覧いただけます。


―――――――――――――――――――――――――――――――


ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」あるいは「ブックマーク」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼
   



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2012年04月05日

少頭数で勝った馬と多頭数で勝った馬の次走の成績に違いはあるか?

少頭数で勝った馬と多頭数で勝った馬の次走の成績に違いはあるか?


こんにちは てつです。

少頭数立てのレースで勝った馬と多頭数立てのレースで勝った馬とでは次走の成績に違いがあるのではなかろうか?


少頭数、たとえば10頭立てで勝った馬は不利を受けることもあまりないだろうし、下手な騎手でも捌きやすいだろうし・・・


単純に考えて勝つ確率は10分の1

かたや18頭立てなら不利も受けやすいし、捌きづらいだろうし・・・

こちらは勝つ確率は18分の1

やっぱり18頭で走って勝った馬のほうが、10頭で走った馬より強そう?


そう考えると多頭数で勝った馬のほうが次走の成績はいいのでは?


あなたはどう思いますか?


私と同じですか?違いますか?



調べてみましょう。



ここでは、検証期間を5年間とします。

2007年から2011年の5年間です。

もう少し詳しく言うと
前走1着になったときの検証期間です。

次走は2012年になった馬も少なからずいます。



少頭数を10頭立て以下のレース

中頭数を11頭から14頭立てまでのレース

多頭数を15頭から18頭立てのレースと3つのグループに分けます。ただし、障害戦を除きます。



【表1】少頭数(10頭立て以下)
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
全成績 140-126-125-976/1367 10.2% 19.5% 28.6% 72.0% 76.0%
同クラス 21- 16- 15- 102/ 154 13.6% 24.0% 33.8% 71 68
昇級戦 119- 110- 110- 873/1212 9.8% 18.9% 28.0% 72 77
降級戦 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

勝てばほとんどの馬はクラスが上がります。

次走勝つ確率は約10%です。

前走と同じクラスならば、そのクラスでは結果を残した実力のある馬ですから勝率は13.6%に上昇します。



【表2】中頭数(11頭から14頭立てまで)
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
全成績 473-425-418-3571/4887 9.7% 18.4% 26.9% 72.0% 77.0%
同クラス 63- 42- 44- 254/ 403 15.6% 26.1% 37.0% 86 83
昇級戦 410- 383- 374-3313/4480 9.2% 17.7% 26.0% 71 76
降級戦 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

【表1】と【表2】の全成績の項を比べるといずれも【表1】の方がほんの少しいいです。

すなわち、前走少頭数立てのレースで勝った馬のほうがいい成績を残すということです。

(ただ注意していただきたいのは、データ数の違いを考慮してないことです。中頭数のデータ数は少頭数の約3.5倍もあり、成績の差もほんの少しだけですので、同じデータ数で比べるとほぼ同じ成績になるかもしれません。)



【表3】多頭数(15頭から18頭立てまで)
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
全成績 1000-859-824-7063/9746 10.3% 19.1% 27.5% 80 81
同クラス 165- 134- 126- 604/1029 16.0% 29.1% 41.3% 93 98
昇級戦 835- 725- 697-6454/8711 9.6% 17.9% 25.9% 78 79
降級戦 0- 0- 1- 5/ 6 0.0% 0.0% 16.7% 0 33

ここで多頭数のデータも揃いましたので、3つを比べます。

全成績の項を見ると
少頭数>多頭数>中頭数のようになり、多頭数で勝った馬が次走でいい成績を他の頭数で勝った馬よりも残すとは限らないと言えます。

ただ、多頭数の単勝回収値は他の頭数より8ポイントほど上回っており注意したいところです。


ここで、前走で勝てば大抵クラスが上がりますから、昇級戦の項も見ておきたいと思います。



【表4】昇級戦抜粋
昇級戦 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
少頭数 119- 110- 110- 873/1212 9.8% 18.9% 28.0% 72 77
中頭数 410- 383- 374-3313/4480 9.2% 17.7% 26.0% 71 76
多頭数 835- 725- 697-6454/8711 9.6% 17.9% 25.9% 78 79

昇級戦の項を抜き出したのが【表4】です。

ここでも多頭数で勝った馬の方が次走でいい成績を残すわけではないということが言えます。


結局、前走で少頭数で勝っていようが、多頭数で勝っていようが次走での成績は関係ないということです。


予想する上で、前走で勝っている馬に関しては前走の頭数は氣にしなくても良く、無視してよいファクターということですね。


にほんブログ村 トラコミュ 第30回 ニュージーランドトロフィー(GII)へ 第30回 ニュージーランドトロフィー(GII)
にほんブログ村 トラコミュ ニュージーランドT データ分析へ ニュージーランドT データ分析

にほんブログ村 トラコミュ 第55回 阪神牝馬ステークス(GII)へ 第55回 阪神牝馬ステークス(GII)
にほんブログ村 トラコミュ 阪神牝馬S データ分析へ 阪神牝馬S データ分析

にほんブログ村 トラコミュ 第72回 桜花賞(GI)へ 第72回 桜花賞(GI)
にほんブログ村 トラコミュ 桜花賞 データ分析へ 桜花賞 データ分析



―――――――――――――――――――――――――――――――

桜花賞の関連記事は、こちらからご覧いただけます。
いろいろな角度から勝ち馬の傾向を調べていますから、きっとあなたの予想に役立つと思いますよ。(^.^)


―――――――――――――――――――――――――――――――


ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」あるいは「ブックマーク」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼
   



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2012年03月29日

1番人気で4着以下に敗れてしまった馬の次走の成績は?その2

1番人気で4着以下に敗れてしまった馬の次走の成績は?その2


こんばんは てつです。


1番人気でありながら期待を裏切り

4着以下に敗れてしまった馬の次走の成績は?


その2回目です。

1回目はこちら⇒1番人気で4着以下に敗れてしまった馬の次走の成績は?


【表1】
前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 751- 669- 572-3239/5231 14.4% 27.1% 38.1% 74 77
昇級戦 7- 9- 6- 87/ 109 6.4% 14.7% 20.2% 93 68
降級戦 45- 32- 22- 86/ 185 24.3% 41.6% 53.5% 76 87

2007年から2011年の5年間で、

1番人気で4着に敗れた馬の次走の成績を調べた結果が上の表です。

(次走の検証期間 : 2007年1月13日から2012年3月24日まで)


降級戦、昇級戦と済んだので最もデータ数の多い同クラスについて。


【表2 同クラス 人気別】
人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 307- 200- 137- 440/1084 28.3% 46.8% 59.4% 72 81
2番人気 199- 179- 143- 563/1084 18.4% 34.9% 48.1% 76 80
3番人気 102- 116- 127- 611/ 956 10.7% 22.8% 36.1% 60 72
4番人気 63- 68- 74- 474/ 679 9.3% 19.3% 30.2% 77 72
5番人気 29- 42- 46- 370/ 487 6.0% 14.6% 24.0% 60 70
6番人気 20- 33- 22- 257/ 332 6.0% 16.0% 22.6% 86 80
7番人気 18- 15- 9- 168/ 210 8.6% 15.7% 20.0% 134 89
8番人気 8- 5- 9- 103/ 125 6.4% 10.4% 17.6% 137 103
9番人気 2- 2- 3- 92/ 99 2.0% 4.0% 7.1% 64 46
10番人気 2- 5- 1- 66/ 74 2.7% 9.5% 10.8% 66 72
11番人気 0- 2- 1- 50/ 53 0.0% 3.8% 5.7% 0 55
12番人気 0- 0- 0- 21/ 21 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
13番人気 1- 1- 0- 11/ 13 7.7% 15.4% 15.4% 403 185
14番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
15番人気 0- 1- 0- 5/ 6 0.0% 16.7% 16.7% 0 255
16番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0- 0- 0- 0/ 0 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0% 0 0

人気別にしてみると(【表2】参照)

上位人気は年間の勝率より悪いですね。

1番人気は、年間約32%ですし

2番人気は、20%ですから。


今走も人気してても期待を裏切るかもしれません。

でも、例えば1番人気でオッズが1倍台なら

信用してもいいでしょう。(【表3】参照)


前走で4着以下に負けても圧倒的人気馬になっているのですから

なんらかの原因があるのでしょうね。

前走不利を受けたなど。



【表3 1番人気のオッズ】
単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
1.0〜 1.4 10- 3- 0- 1/ 14 71.4% 92.9% 92.9% 98 99
1.5〜 1.9 56- 21- 14- 36/ 127 44.1% 60.6% 71.7% 77 80
2.0〜 2.9 160- 107- 72- 187/ 526 30.4% 50.8% 64.4% 75 84
3.0〜 3.9 73- 58- 41- 172/ 344 21.2% 38.1% 50.0% 71 78
4.0〜 4.9 8- 11- 8- 39/ 66 12.1% 28.8% 40.9% 51 71
5.0〜 6.9 0- 0- 2- 5/ 7 0.0% 0.0% 28.6% 0 55

しかし、伏兵馬と呼ばれる7番、8番人気は

年間の勝率と比べるといい成績です。(【表2】参照)

でも、紐馬として狙うにはまだしも

勝率は10%未満ですから狙うに狙えませんが

混戦となったときオッズが10倍台なら狙い目に

変わります。(【表4】参照)

これならば脚質、展開、馬場状態など他のファクターを考えれば

狙うチャンスがあると思います。

【表4 7番人気のオッズ】
単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
7.0〜 9.9 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0 0
10.0〜14.9 9- 7- 3- 45/ 64 14.1% 25.0% 29.7% 182 112
15.0〜19.9 7- 4- 3- 66/ 80 8.8% 13.8% 17.5% 150 82
20.0〜29.9 2- 3- 3- 40/ 48 4.2% 10.4% 16.7% 91 88
30.0〜49.9 0- 1- 0- 15/ 16 0.0% 6.3% 6.3% 0 51


【表5 騎手】
前走騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
乗替り 487- 431- 354-2121/3393 14.4% 27.1% 37.5% 79 79
同騎手 264- 238- 218-1118/1838 14.4% 27.3% 39.2% 65 73

騎手の乗り替わりについても述べたいと思います。

【表5】(同クラスの場合)を見ると同じ騎手でも

乗り替わっていてもほとんど大差ないですね。


騎手の乗り替わりは氣にしなくても良いということです。

1回目はこちら⇒1番人気で4着以下に敗れてしまった馬の次走の成績は?


にほんブログ村 トラコミュ 第44回 ダービー卿チャレンジT(GIII)へ 第44回 ダービー卿チャレンジT(GIII)
にほんブログ村 トラコミュ ダービー卿CT データ分析へ ダービー卿CT データ分析

にほんブログ村 トラコミュ 第56回 産経大阪杯(GII)へ 第56回 産経大阪杯(GII)
にほんブログ村 トラコミュ 産経大阪杯 データ分析へ 産経大阪杯 データ分析



ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」あるいは「ブックマーク」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼
   



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2012年03月28日

1番人気で4着以下に敗れた馬の次走の成績は?

1番人気で4着以下に敗れた馬の次走の成績は?

こんばんは てつです。


1番人気でありながら期待を裏切り

4着以下に敗れてしまった馬の次走の成績は?


氣になりませんか?

そこで調べてみました。



前走クラス着別度数勝率連対率複勝率単回値複回値
同クラス751- 669- 572-3239/523114.4%27.1%38.1%7477
昇級戦7- 9- 6- 87/ 109 6.4% 14.7% 20.2% 93 68
降級戦 45- 32- 22- 86/ 18524.3%41.6%53.5%7687


2007年から2011年の5年間で、

1番人気で4着以下に敗れた馬の次走の成績を調べた結果が上の表です。

ただし、障害戦を除く。

(次走の検証期間 : 2007年1月13日から2012年3月24日まで)




当然、今走が降級戦になるとぐ〜んと成績がアップします。

前走で1番人気に支持されたぐらい実力のある馬ですから

クラスが下になったら成績が良くなるのは当たり前ですね。



例えば、メイステークス(オープン)で1番人気に支持されながら

11着と大敗。次走、韓国馬事会杯で

57.5キロの斤量を背負わせられながら勝ったダイワファルコンがいます。




次に、昇級戦。

負けたにもかかわらず昇級戦?

ちょっと意味がわからなかったんですが、

個々のデータを見てみると腑に落ちました。



こんな例があります。

シャンポールフィズという馬。

前走白菊賞(500万下)で1番人気に支持され4着に敗れ

次走がフェアリーS(オープン)だったというパターンです。

収得賞金の関係や抽選に当選したことが考えられます。



ここで、頭の片隅に置いておきたいのが牝馬が意外と好走している点です。

上の表では勝率6.4%、・・・と続くわけですが

牝馬のみの成績を抽出すれば

5−5−3−32/45

勝率11.1% 連対率22.2% 複勝率28.9%

と好成績を残しています。

昇級戦 7勝のうち5勝は牝馬ということになります。

昇級戦であっても牝馬なら要注意ですね。




前走と同じく同クラスだったときは、・・・

続きはこちら⇒1番人気で4着以下に敗れた馬の次走の成績は?その2



にほんブログ村 トラコミュ 第44回 ダービー卿チャレンジT(GIII)へ 第44回 ダービー卿チャレンジT(GIII)
にほんブログ村 トラコミュ ダービー卿CT データ分析へ ダービー卿CT データ分析

にほんブログ村 トラコミュ 第56回 産経大阪杯(GII)へ 第56回 産経大阪杯(GII)
にほんブログ村 トラコミュ 産経大阪杯 データ分析へ 産経大阪杯 データ分析




ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」あるいは「ブックマーク」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼
   



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2010年06月25日

降級馬の成績について その2

こんにちは てつです。

前回は3歳馬と降級馬の比較を見てきました。
今回は同じ4歳馬同士、すなわち下のクラスから上がってきた昇級馬と現級馬と降級馬を比較します。


なお、検証期間は下記の通り3年間です。
今年(2010年)のこの開催にあわせ
過去のデータもこの時期にしてあります。
今年も同じような傾向がみられると思います。
どうぞ参考になさってください。



【500万下】
4歳馬
前走どのクラスで出走したかで分類してます。
+----------+-------------------------+------+------+------+
|前走クラス| 着別度数        | 勝率 |連対率|複勝率|
+----------+-------------------------+------+------+------+
|同クラス | 90- 83- 98-1024/1295 | 6.9%| 13.4%| 20.9%|
|昇級馬  |  1-  0-  1- 25/ 27 | 3.7%| 3.7%| 7.4%|
|降級馬  | 65- 65- 46- 307/ 483 | 13.5%| 26.9%| 36.4%|
+----------+-------------------------+------+------+------+
| 新馬  |  0-  0-  0-  0/  0 |   |   |   |
| 未勝利  |  1-  0-  1- 25/ 27 | 3.7%| 3.7%| 7.4%|
| 500万下 | 90- 83- 98-1024/1295 | 6.9%| 13.4%| 20.9%|
|1000万下 | 65- 65- 45- 299/ 474 | 13.7%| 27.4%| 36.9%|
|1600万下 |  0-  0-  0-  0/  0 |   |   |   |
|OPEN特別 |  0-  0-  1-  4/  5 | 0.0%| 0.0%| 20.0%|
| G3  |  0-  0-  0-  1/  1 | 0.0%| 0.0%| 0.0%|
| G2  |  0-  0-  0-  2/  2 | 0.0%| 0.0%| 0.0%|
| G1  |  0-  0-  0-  1/  1 | 0.0%| 0.0%| 0.0%|
+----------+-------------------------+------+------+------+
+----------+------+------+
|前走クラス|単回値|複回値|
+----------+------+------+
|同クラス |  76|  76|
|昇級馬  |  55|  39|
|降級馬  |  86|  81|
+----------+------+------+
| 新馬  |   |   |
| 未勝利  |  55|  39|
| 500万下 |  76|  76|
|1000万下 |  87|  81|
|1600万下 |   |   |
|OPEN特別 |   0|  224|
| G3  |   0|   0|
| G2  |   0|   0|
| G1  |   0|   0|
+----------+------+------+

降級馬と、もともと同クラスにいた馬とを比べると倍スコアとまではいきませんが、降級馬の方が圧倒的に優勢です。


同クラスの中には前走も500万下を勝って昇格せずにそのまま500万下に出走している馬もいます。そこでそれらの馬と降級馬の成績を比べてみると下の表の結果になりました。
+----------+-------------------------+------+------+------+
|前走クラス| 着別度数        | 勝率 |連対率|複勝率|
+----------+-------------------------+------+------+------+
|前走1着馬| 22-  7- 13- 48/ 90 | 24.4%| 32.2%| 46.7%|
|降級馬  | 65- 65- 46- 307/ 483 | 13.5%| 26.9%| 36.4%|
+----------+-------------------------+------+------+------+
+----------+------+------+
|前走クラス|単回値|複回値|
+----------+------+------+
|前走1着馬|  91|  85|
|降級馬  |  86|  81|
+----------+------+------+

降級馬よりも全ての率で同クラス前走1着馬の方が良い結果を残せています。今走で降級馬と前走1着馬が出走してきたら前走1着馬を重視して馬券検討する必要があります。



ついでに3歳馬も見ておきましょう。
3歳馬
+----------+--------------------+------+------+------+
|前走クラス| 着別度数      | 勝率 |連対率|複勝率|
+----------+--------------------+------+------+------+
|同クラス | 64- 61- 64-582/771 | 8.3%| 16.2%| 24.5%|
|昇級馬  | 19- 21- 19-145/204 | 9.3%| 19.6%| 28.9%|
|降級馬  | 4- 4- 2- 21/ 31 | 12.9%| 25.8%| 32.3%|
+----------+--------------------+------+------+------+
| 新馬  | 0- 1- 0- 5/ 6 | 0.0%| 16.7%| 16.7%|
| 未勝利  | 19- 20- 19-140/198 | 9.6%| 19.7%| 29.3%|
| 500万下 | 64- 61- 64-582/771 | 8.3%| 16.2%| 24.5%|
|1000万下 | 0- 0- 0- 1/ 1 | 0.0%| 0.0%| 0.0%|
|1600万下 | 0- 0- 0- 0/ 0 |   |   |   |
|OPEN特別 | 1- 3- 1- 8/ 13 | 7.7%| 30.8%| 38.5%|
| G3  | 0- 1- 0- 5/ 6 | 0.0%| 16.7%| 16.7%|
| G2  | 2- 0- 1- 6/ 9 | 22.2%| 22.2%| 33.3%|
| G1  | 1- 0- 0- 1/ 2 | 50.0%| 50.0%| 50.0%|
+----------+--------------------+------+------+------+
+----------+------+------+
|前走クラス|単回値|複回値|
+----------+------+------+
|同クラス |  94|  88|
|昇級馬  |  61|  86|
|降級馬  |  80|  103|
+----------+------+------+
| 新馬  |   0|  51|
| 未勝利  |  63|  87|
| 500万下 |  94|  88|
|1000万下 |   0|   0|
|1600万下 |   |   |
|OPEN特別 |  24|  164|
| G3  |   0|  35|
| G2  |  201|  75|
| G1  |  190|  85|
+----------+------+------+

厳密には降級馬ではありませんが、前走重賞レース出走馬の方が率では現級馬より成績は良いです。単勝回収値は現級馬(=同クラス馬)の方が良いですね。



【1000万下】
4歳馬
+----------+--------------------+------+------+------+
|前走クラス| 着別度数      | 勝率 |連対率|複勝率|
+----------+--------------------+------+------+------+
|同クラス | 21- 16- 9- 60/106 | 19.8%| 34.9%| 43.4%|
|昇級馬  | 6- 9- 4- 24/ 43 | 14.0%| 34.9%| 44.2%|
|降級馬  | 29- 16- 14-101/160 | 18.1%| 28.1%| 36.9%|
+----------+--------------------+------+------+------+
| 新馬  | 0- 0- 0- 0/ 0 |   |   |   |
| 未勝利  | 1- 0- 0- 0/ 1 |100.0%|100.0%|100.0%|
| 500万下 | 5- 9- 4- 24/ 42 | 11.9%| 33.3%| 42.9%|
|1000万下 | 21- 16- 9- 60/106 | 19.8%| 34.9%| 43.4%|
|1600万下 | 25- 12- 11- 88/136 | 18.4%| 27.2%| 35.3%|
|OPEN特別 | 1- 1- 1- 9/ 12 | 8.3%| 16.7%| 25.0%|
| G3  | 2- 1- 2- 1/ 6 | 33.3%| 50.0%| 83.3%|
| G2  | 1- 1- 0- 3/ 5 | 20.0%| 40.0%| 40.0%|
| G1  | 0- 1- 0- 0/ 1 | 0.0%|100.0%|100.0%|
+----------+--------------------+------+------+------+
+----------+------+------+
|前走クラス|単回値|複回値|
+----------+------+------+
|同クラス |  94|  77|
|昇級馬  |  103|  109|
|降級馬  |  83|  76|
+----------+------+------+
| 新馬  |   |   |
| 未勝利  | 1510|  480|
| 500万下 |  69|  100|
|1000万下 |  94|  77|
|1600万下 |  90|  76|
|OPEN特別 |  15|  41|
| G3  |  105|  130|
| G2  |  42|  60|
| G1  |   0|  200|
+----------+------+------+

1000万下クラスになると降級馬と同級馬の優劣がほぼなくなり、同級馬の方が少し成績が良くなります。


そして、500万下クラスと同じように同クラスでも前走も同じく1000万下クラスで1着になった馬と降級馬を比べてみると
+----------+---------------------+------+------+------+
|前走クラス| 着別度数      | 勝率 |連対率|複勝率|
+----------+---------------------+------+------+------+
|前走1着馬| 14- 9- 6- 19/ 48 | 29.2%| 47.9%| 60.4%|
|降級馬  | 29- 16- 14-101/160 | 18.1%| 28.1%| 36.9%|
+----------+---------------------+------+------+------+
+----------+------+------+
|前走クラス|単回値|複回値|
+----------+------+------+
|前走1着馬|  129|  108|
|降級馬  |  83|  76|
+----------+------+------+
上の表のようになります。
500万下クラスと同じくここでも前走1着馬が圧倒的に優勢です。
それに回収値は100%以上です。


3歳馬
+----------+--------------------+------+------+------+
|前走クラス| 着別度数      | 勝率 |連対率|複勝率|
+----------+--------------------+------+------+------+
|同クラス | 4- 5- 5- 36/ 50 | 8.0%| 18.0%| 28.0%|
|昇級馬  | 9- 5- 2- 30/ 46 | 19.6%| 30.4%| 34.8%|
|降級馬  | 6- 4- 2- 26/ 38 | 15.8%| 26.3%| 31.6%|
+----------+--------------------+------+------+------+
| 新馬  | 0- 0- 0- 0/ 0 |   |   |   |
| 未勝利  | 1- 0- 0- 0/ 1 |100.0%|100.0%|100.0%|
| 500万下 | 8- 5- 2- 30/ 45 | 17.8%| 28.9%| 33.3%|
|1000万下 | 4- 5- 5- 36/ 50 | 8.0%| 18.0%| 28.0%|
|1600万下 | 0- 0- 0- 0/ 0 |   |   |   |
|OPEN特別 | 4- 1- 2- 13/ 20 | 20.0%| 25.0%| 35.0%|
| G3  | 1- 1- 0- 7/ 9 | 11.1%| 22.2%| 22.2%|
| G2  | 1- 2- 0- 5/ 8 | 12.5%| 37.5%| 37.5%|
| G1  | 0- 0- 0- 1/ 1 | 0.0%| 0.0%| 0.0%|
+----------+--------------------+------+------+------+
+----------+--------------------+------+------+
|前走クラス| 着別度数      |単回値|複回値|
+----------+--------------------+------+------+
|同クラス | 4- 5- 5- 36/ 50 |  37|  92|
|昇級馬  | 9- 5- 2- 30/ 46 |  99|  72|
|降級馬  | 6- 4- 2- 26/ 38 |  69|  79|
+----------+--------------------+------+------+

3歳馬は500万下クラスから上がってきた馬が優秀です。
同クラス馬は逆に揮(ふる)いません。
降級馬(=格上挑戦)は前走重賞挑戦馬よりオープン特別出走馬の方が良いです。


【1600万下】
4歳馬
+----------+---------------+------+------+------+
|前走クラス| 着別度数   | 勝率 |連対率|複勝率|
+----------+---------------+------+------+------+
|同クラス | 0- 3- 0- 5/ 8 | 0.0%| 37.5%| 37.5%|
|昇級戦  | 1- 0- 0- 3/ 4 | 25.0%| 25.0%| 25.0%|
|降級戦  | 6- 2- 0-20/28 | 21.4%| 28.6%| 28.6%|
+----------+---------------+------+------+------+
|1000万下 | 1- 0- 0- 3/ 4 | 25.0%| 25.0%| 25.0%|
|1600万下 | 0- 3- 0- 5/ 8 | 0.0%| 37.5%| 37.5%|
|OPEN特別 | 4- 1- 0- 9/14 | 28.6%| 35.7%| 35.7%|
| G3  | 0- 0- 0- 5/ 5 | 0.0%| 0.0%| 0.0%|
| G2  | 2- 1- 0- 3/ 6 | 33.3%| 50.0%| 50.0%|
| G1  | 0- 0- 0- 3/ 3 | 0.0%| 0.0%| 0.0%|
+----------+---------------+------+------+------+
+----------+------+------+
|前走クラス|単回値|複回値|
+----------+------+------+
|同クラス |   0|  65|
|昇級戦  |  137|  42|
|降級戦  |  167|  60|
+----------+------+------+
|1000万下 |  137|  42|
|1600万下 |   0|  65|
|OPEN特別 |  226|  77|
| G3  |   0|   0|
| G2  |  255|  101|
+----------+------+------+

データ数が少なく過信はできませんが、単勝回収値は優秀ですね。

3歳馬
さらにデータ数が少ないので省略させていただきます。



長くなりました、降級馬(4歳馬)に限ってまとめておきます。

【まとめ】

成績順に並べると

500万下
前走1着馬 > 降級馬 > 同級馬 > 昇級馬

1000万下
前走1着馬 > 降級馬 ≒ 同級馬 > 昇級馬
回収値は前走1着馬と昇級馬は100%を超える。

1600万下
データ数が少ないので曖昧のままにしておきます。(笑)


検証期間 

2009年
 1回札幌 6月20日〜7月26日
 2回福島 6月20日〜7月12日
 3回阪神 同上

2008年
 1回函館 6月21日〜7月13日
 2回福島 同上
 3回阪神 同上

2007年
 1回函館 6月16日〜7月8日
 2回福島 同上
 3回阪神 同上

―――――――――――――――――――――――――――――――

降級馬についてのの関連記事です。
こちらも参考にしてほしいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――

ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
posted at 20:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:馬券術のヒント
エントリー:降級馬の成績について その2
2010年06月24日

降級馬の成績について その1

降級馬の成績について

こんにちは てつです。

では、
降級馬は買うことができるのか、
できないのか考えてみましょう。

検証期間は下記の通り3年間です。
今年(2010年)のこの開催にあわせ
過去のデータもこの時期にあわせてあります。
今年も同じような傾向がみられると思います。
どうぞ参考になさってください。



まずは
クラスごとに調べてみます。


【500万下クラス】
着別度数  勝率 連対率  3着内率  単回値  複回値 
 3歳  87-88-85-801/1061   8.2% 16.5%  24.5%  82  86 
 降級馬  70-69-50-336/525  13.3% 26.5%  36.0%  87  83 


500万下で3歳馬と降級馬を比べますと
降級馬の方が勝率・連対率・3着内率いずれも3歳馬よりも上回っています。



【1000万下クラス】
 ・ 着別度数  勝率  連対率  3着内率  単回値  複回値 
 3歳馬  19-14-9-100/142 13.4%  23.2%  29.6%  63  76 
 降級馬 36-20-16-129/201  17.9%  27.9%  35.8%  100  83 


1000万下クラスも降級馬の方が全てで上回っています。



【1600万下クラス】
 ・ 着別度数  勝率  連対率  3着内率  単回値  複回値 
 3歳馬  0-1-1-8/10 0.0%  10.0%  20.0%  28 
 降級馬 7-3-0-33/43 16.3%  23.3%  23.3%  114  50


1600万下クラスも上記と同様。



【まとめ】
クラス分けをして3歳馬と降級馬を見てきましたが、
どのクラスも降級馬が優秀でした。



検証期間 

2009年
 1回札幌 6月20日〜7月26日
 2回福島 6月20日〜7月12日
 3回阪神 同上

2008年
 1回函館 6月21日〜7月13日
 2回福島 同上
 3回阪神 同上

2007年
 1回函館 6月16日〜7月8日
 2回福島 同上
 3回阪神 同上



次回は、同じ4歳馬でも降級してきた馬と同級馬・昇級馬との比較を見ていきましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――――

降級馬についてのの関連記事です。
こちらも参考にしてほしいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――

ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
タグ:降級馬
posted at 20:00
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:馬券術のヒント
エントリー:降級馬の成績について その1
2010年06月21日

降級馬とは?

降級馬について

こんにちは てつです。

「降級馬って何?」

って尋ねられると

「上のクラスから下のクラスへ落ちた馬のこと」

なんて曖昧に答えていたんだけれども、

夏競馬が始まったことだし

もう少しはっきりと答えられるようにちょっと調べてみました。



私と同じように降級馬のはっきりとした定義がわからない人はお付き合いください。



【降級馬とは】

番組編成の話から。
大雑把に言うと1月から6月中旬頃まで(春競馬)は3歳馬だけのレースと4歳以上のレースに分かれており、それ以後(夏競馬〜)は2歳馬のデビューも始まり3歳馬と4歳以上の馬がいっしょに走るようになります。



■収得賞金によるクラス分け
 クラス  年齢
 春競馬:4歳馬 春競馬:5歳以上 
 夏競馬:3歳馬  夏競馬:4歳以上
 500万下  〜500万円  〜1000万円
 1000万下  501万円〜1000万円  1001万円〜2000万円
 1600万下  1001万円〜1600万円  2001万円〜3200万円
 オープン  1601万円〜  3201万円〜


その際に上の表に基づきクラス移動が行われ4歳馬は降級することがあります。あくまでも4歳馬のみ

例えば
それまで1000万下クラス(収得賞金501万円〜1000万円)にいた4歳馬は夏番組が始まると500万下クラスへ降級するようになります。
さらに、一クラス降級するだけでなく二クラスも降級する馬も出てきます。

クラスが降級する馬だけを降級馬というのではなく、勝っていながら収得賞金が足らなくて上のクラスに上がることができず、そのまま現級クラスに留まる馬も降級馬とみなして良いと思います。


以上です。

このあと馬券につながる降級馬の取捨を取り上げたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――

降級馬についてのの関連記事です。
こちらも参考にしてほしいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――

ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>


▼「お気に入り」に入れておくと、有益なデータがいつでも好きな時にご覧になれますよ(^O^)▼



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
タグ:降級馬
posted at 23:57
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:馬券術のヒント
エントリー:降級馬とは?
2009年07月09日

各馬券種における頭数別平均配当と回収率 2007年

各馬券種における頭数別平均配当と回収率

人気ブログランキング
↑↑応援よろしくお願いします。<(_ _)>


こんにちは てつです。

昨日に引き続き
どの馬券が儲けやすいか、調べてみました。


調査期間は、昨日が2008年でしたので
今日は2007年の1年間です。
レース数のカッコ内の数字は3連単のレース数です。
なお、全てのレース数が3453になってますが、枠連と3連単はそれと違っていて
枠連のレース数は3369
3連単のレース数は1152
です。

回収率はベスト3を赤字で表しました。


4頭立て以下のレースはありませんでした。
平均配当
頭立て レース数 単勝 複勝 枠連 馬連 馬単 ワイド 3連複 3連単
5 1 160 230 180 280 370 210
6 4(1) 755 422 787 1,917 1,577 1,845 5,470
7 21(4) 677 455 857 2,100 1,125 1,323 4,005
8 58(17) 854 604 2,255 4,706 1,807 3,160 11,459
9 115(34) 562 601 1,500 1,714 3,519 1,880 3,413 28,260
10 159(47) 714 704 1,576 2,101 4,535 2,433 5,827 24,066
11 227(88) 886 892 2,109 3,971 8,208 3,837 13,727 137,951
12 316(79) 818 935 1,939 4,121 8,533 4,277 14,014 84,226
13 278(96) 987 904 2,350 4,041 8,150 3,975 10,561 73,279
14 376(103) 945 1,045 1,928 5,464 10,755 5,587 19,302 114,452
15 383(120) 1,038 1,066 2,146 5,023 10,010 5,628 20,107 98,355
16 1189(425) 1,149 1,185 2,261 6,769 13,635 6,861 27,521 207,177
17 60(21) 1,620 1,378 2,077 10,627 23,727 8,819 42,423 619,332
18 266(117) 1,434 1,302 2,325 11,012 20,417 9,385 56,226 448,720
全て 3,453 1,036 1,047 2,121 5,677 11,358 5,649 22,358 178,198


回収率
頭立て レース数 単勝 複勝 枠連 馬連 馬単 ワイド 3連複 3連単
5 1 32.0% 46.0% 18.0% 14.0% 37.0% 21.0%
6 4(1) 125.8% 70.4% 52.5% 63.9% 105.2% 92.3% 45.6%
7 21(4) 98.1% 65.9% 42.0% 51.4% 55.1% 39.4% 19.1%
8 58(17) 107.3% 75.9% 81.2% 84.8% 65.1% 57.2% 34.9%
9 115(34) 62.7% 67.1% 52.2% 48.0% 49.3% 52.6% 41.1% 56.6%
10 159(47) 71.9% 70.8% 53.2% 47.2% 51.0% 54.7% 49.4% 34.1%
11 227(88) 80.9% 81.4% 68.4% 72.8% 75.2% 70.5% 84.2% 141.5%
12 316(79) 68.6% 78.3% 60.8% 63.0% 65.2% 65.4% 64.6% 64.2%
13 278(96) 76.4% 69.9% 71.7% 52.3% 52.8% 51.5% 37.5% 42.9%
14 376(103) 67.8% 75.0% 56.9% 60.5% 59.6% 61.9% 53.7% 53.5%
15 383(120) 69.5% 71.4% 61.5% 48.2% 48.0% 54.0% 44.7% 36.3%
16 1189(425) 72.1% 74.5% 63.0% 56.9% 57.3% 57.7% 49.8% 62.6%
17 60(21) 96.0% 81.7% 57.9% 79.2% 88.4% 65.8% 63.7% 154.4%
18 266(117) 80.1% 72.7% 64.7% 72.6% 67.3% 61.9% 69.8% 92.7%
全て 3,453 73.3% 74.2% 61.2% 59.2% 59.2% 58.9% 53.8% 68.1%


【結論】
2008年と同じです。
http://keiba-data.seesaa.net/article/123078215.html
やはり、単勝、複勝が儲けやすいです。

それから枠連、ワイド。

人気のない馬券ばかりですね。

私はこれらの馬券を究めたくなりました。

3連単はレース数が少なく高配当が的中して平均を押し上げたとみられます。


ここで、最も儲けやすいとわかった複勝を戦略に中心にした馬券術を紹介します。

『最強の競馬理論【新金丸法】』
http://mailzou.com/get.php?R=26308&M=12544&PR=610


私も読ませていただきました。
無料にもかかわらず有料商材に負けないくらいの内容です。
105ページのボリューム。

無料レポートで出ていたのですが、有料商材になってしまいました。
競馬投資家養成講座



競馬情報の収集はトラコミュで。
にほんブログ村 トラコミュ 中央競馬予想へ
中央競馬予想
にほんブログ村 トラコミュ 第45回 七夕賞(GIII)へ
第45回 七夕賞(GIII)
にほんブログ村 トラコミュ 第14回 プロキオンステークス(GIII)へ
第14回 プロキオンステークス(GIII)




ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>



また遊びに来られた時に更新されていなかったらがっかりしますよね。
そうならないためには下のRSSを「ショートカットのコピー」をして、お持ちのRSSリーダーに貼り付けてくださいね。
RSS新着情報

「お気に入り」が良い方はこちらから↓



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
2009年07月08日

各馬券種における頭数別平均配当と回収率

各馬券種における頭数別平均配当と回収率

人気ブログランキング
↑↑応援よろしくお願いします。<(_ _)>


こんにちは てつです。

どの馬券が儲けやすいか、調べてみました。


縦に長くて見にくいかもしれません。ご了承を。m(__)m
頭数別に調べて、最後に合計も出しています。

調査期間は2008年の1年間です。
レース数のカッコ内の数字は3連単のレース数です。

回収率はベスト3を赤字で表しました。


4頭立て以下のレースはありませんでした。
5頭立て レース数 2
平均配当 回収率
単勝 255 51.0%
複勝 545 109.0%
枠連
馬連 750 75.0%
馬単 1,105 55.3%
ワイド 455 45.5%
3連複 330 33.0%
3連単 1,980 33.0%


6頭立て レース数 5
平均配当 回収率
単勝 652 108.7%
複勝 696 116.0%
枠連
馬連 1,152 76.8%
馬単 2,368 78.9%
ワイド 700 46.7%
3連複 848 42.4%
3連単 6,102 50.9%


7頭立て レース数 11(9)
平均配当 回収率
単勝 344 49.9%
複勝 382 55.4%
枠連
馬連 610 29.9%
馬単 1,191 29.1%
ワイド 2,155 105.4%
3連複 3,256 96.8%
3連単 5,684 28.4%


8頭立て レース数 42(30)
平均配当 回収率
単勝 616 77.7%
複勝 686 86.6%
枠連
馬連 2,094 76.2%
馬単 4,527 82.3%
ワイド 1,765 65.2%
3連複 2,830 51.9%
3連単 29,327 90.7%


9頭立て レース数 70(47)
平均配当 回収率
単勝 585 65.3%
複勝 728 81.2%
枠連 1,874 65.1%
馬連 1,961 54.8%
馬単 4,091 57.2%
ワイド 2,191 61.3%
3連複 4,112 49.4%
3連単 26,337 52.3%


10頭立て レース数 99(66)
平均配当 回収率
単勝 595 59.8%
複勝 821 82.4%
枠連 1,845 61.8%
馬連 2,341 52.5%
馬単 4,528 50.7%
ワイド 2,816 63.1%
3連複 5,975 50.4%
3連単 33,056 46.8%


11頭立て レース数 172(124)
平均配当 回収率
単勝 937 85.4%
複勝 849 77.4%
枠連 2,068 66.9%
馬連 3,835 70.0%
馬単 8,319 76.0%
ワイド 3,167 57.8%
3連複 7,208 44.0%
3連単 46,078 47.0%


12頭立て レース数 271(180)
平均配当 回収率
単勝 1,105 92.3%
複勝 949 79.4%
枠連 2,001 62.7%
馬連 4,088 62.3%
馬単 8,879 67.6%
ワイド 4,069 62.0%
3連複 13,030 59.7%
3連単 83,516 63.7%


13頭立て レース数 292(211)
平均配当 回収率
単勝 951 73.7%
複勝 1,056 81.8%
枠連 2,255 68.9%
馬連 4,790 62.3%
馬単 10,284 66.8%
ワイド 4,799 62.4%
3連複 15,714 56.1%
3連単 101,678 60.2%


14頭立て レース数 371(231)
平均配当 回収率
単勝 950 68.3%
複勝 1,087 78.1%
枠連 2,211 65.3%
馬連 5,077 56.4%
馬単 9,929 55.1%
ワイド 5,490 61.0%
3連複 21,871 61.0%
3連単 114,291 53.0%


15頭立て レース数 398(253)
平均配当 回収率
単勝 1,118 74.9%
複勝 1,183 79.3%
枠連 1,965 56.4%
馬連 7,533 72.5%
馬単 14,876 71.6%
ワイド 6,677 64.2%
3連複 32,916 73.5%
3連単 159,830 59.4%


16頭立て レース数 1305(774)
平均配当 回収率
単勝 1,129 70.9%
複勝 1,197 75.2%
枠連 2,139 59.6%
馬連 7,408 62.3%
馬単 14,567 61.3%
ワイド 6,896 58.0%
3連複 31,022 56.2%
3連単 200,285 60.4%


17頭立て レース数 59(41)
平均配当 回収率
単勝 1,282 75.6%
複勝 1,288 76.0%
枠連 1,676 46.6%
馬連 6,612 48.9%
馬単 12,806 47.4%
ワイド 8,823 65.3%
3連複 66,871 99.2%
3連単 413,931 102.3%


18頭立て レース数 355(265)
平均配当 回収率
単勝 1,196 66.8%
複勝 1,343 75.0%
枠連 2,008 55.9%
馬連 8,727 57.6%
馬単 17,080 56.3%
ワイド 8,942 59.0%
3連複 49,316 61.3%
3連単 352,234 73.0%


総合 レース数 3452
平均配当 回収率
単勝 1,055 72.6%
複勝 1,121 77.1%
枠連 2,086 59.9%
馬連 6,279 62.0%
馬単 12,522 61.8%
ワイド 6,075 60.0%
3連複 27,100 60.5%
3連単 169,239 63.2%
枠連のレース数 3392
3連単のレース数 2238


ここまでのスクロール大変だったでしょう?(笑)

【結論】
一番儲けやすいのは複勝です。
すべての頭数別でベスト3に入りました。

次に儲けやすいのは単勝となりました。

この単勝、複勝は控除率が20%と他の馬券種より優遇されているので納得できます。

そして頭数別では、ベスト3に入ってくるのが枠連です。
しかし、総合では最も悪いです。

どういうことかというと枠連は頭数別に関わらず配当がその他の馬券種に比べれば安定(一定)しているからだと思います。
枠連は頭数が増えても8枠までしかありませんから、馬券検討をするときには頭数のことを考えなくてすむということもわかります。


逆に3連単は総合でベスト3に入った理由として頭数が増えれば増えるほど急激に配当が上がっていっています。
そのため総合でベスト3に入ったものと思われます。
総合でベスト3に入ったからといって当てやすいかといったら当てにくいです。頭数が増えるほど急激に点数が増えていくからです。
回収率がいいからといって的中しやすいとは限りません。

むしろ、頭数を考えなくていいし的中しやすい枠連に魅力を感じます。

▼こちらも参考に▼
2007年の各馬券種における平均配当と回収率


ここで、最も儲けやすいとわかった複勝を戦略に中心にした馬券術を紹介します。

『最強の競馬理論【新金丸法】』
http://mailzou.com/get.php?R=26308&M=12544&PR=610


私も読ませていただきました。
無料にもかかわらず有料商材に負けないくらいの内容です。
105ページのボリューム。

無料レポートで出ていたのですが、有料商材になってしまいました。
競馬投資家養成講座



競馬情報の収集はトラコミュで。
にほんブログ村 トラコミュ 中央競馬予想へ
中央競馬予想
にほんブログ村 トラコミュ 第45回 七夕賞(GIII)へ
第45回 七夕賞(GIII)
にほんブログ村 トラコミュ 第14回 プロキオンステークス(GIII)へ
第14回 プロキオンステークス(GIII)




ランキングに参加してます。
応援していただければうれしいです!
にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます。<(_ _)>



また遊びに来られた時に更新されていなかったらがっかりしますよね。
そうならないためには下のRSSを「ショートカットのコピー」をして、お持ちのRSSリーダーに貼り付けてくださいね。
RSS新着情報

「お気に入り」が良い方はこちらから↓



image2.gif
(↑クリックしますと、お問い合わせフォームに飛びます。)
競馬より勝ちやすいオンラインカジノにチャレンジ!

 オンラインカジノで遊んでいる人が増えています。
 先日は約1億3000万円獲得した日本人がニュースに取り上げられていたぐらいですからオンラインカジノは認知され、カジノ人口も増えてきたようですね。

 オンラインカジノが支持される理由としては次のことが挙げられます。
 1.ネットさえ繋がっていればいつでもどこでも遊べるから
 2.ゲームの種類が豊富だから
 3.実際にお金が稼げるから
 4.他のギャンブルに比べて簡単に勝つことができるから
   払戻率が他のギャンブルに比べて格段に高いから

詳しくお知りになりたい方は
オンラインカジノコミュニティサイト オンカジへ←クリック